介護の勉強 私たちらしい働き方

松岡果歩さん

松岡果歩さん

入職2年目
  • 事業者ジャンル

    介護老人保健施設
  • 勤務先

    介護老人保健施設 仙寿なごみ野/医療法人社団 登豊会(認定事業者)
  • 取得資格

    なし
  • 取材年

    2017年

介護老人保健施設とは

原則として、65歳以上で「要介護1」以上の認定を受け、病院から在宅への復帰をめざす方が一定期間、入所できる施設。医学管理下で医療ケアやリハビリ、日常生活の介助などが受けられます。

「誰かみたいに」ではなく、

自分らしく働き続けたい。

介護職をめざしたきっかけ

高校時代、商業科に所属していたこともあり、大半の友人は就職先として事務職などを選んでいたのですが、私自身は周囲と同じような職種に対して、あまり興味を持つことができませんでした。「人と違うことがしたい」という漠然とした思いを抱きながら、自分が進むべき道を模索していた時、同じ高校に通う福祉科の友人から介護の話を聞き、初めは興味本位でこの世界に入りました。
最初の就職先は、特別養護老人ホーム。やりがいを感じながらも、慣れない日々の連続に不安が募り、1年半働き、離職をすることに。しかし、介護現場への思いを断ち切ることができず、1ヵ月の休息期間を経て、現在の仕事に就きました。

私は今、こんな仕事をしています

ユニット制の介護老人保健施設において、担当するユニットで暮らす10~20名のご利用者を、3交代制で24時間サポートしています。食事や入浴、起床や就寝、排泄、移動、着替えなど、ご利用者ごとの状況に合わせた身の回りのお世話をする他、一人ひとりのニーズに沿った生活リハビリのサポート、レクリエーションなども行っています。
また、2017年の春からはユニットリーダーとして、ユニット全体の管理を任されています。これまでのようにご利用者へのきめ細やかなサポートはもちろん、職員にとっての働きやすい環境づくり、施設全体とユニットとの連携などへも気を配り、試行錯誤しながら奮闘する日々。
まだ入職して2年も経っていない中、介護の実務以外に書類作成や会議などもあり、重責に押しつぶされそうになることもありますが、自分を指導してくれた前任のユニットリーダーの先輩を目標にして、仕事に励んでいます。一緒に働いている先輩や上司、同僚たちの明るい性格も、私にとっては大きな救いです。落ち込んでいる時などは、周りの方から元気をもらっています。いつの日か、ご利用者からも職員からも、安心して頼ってもらえるユニットリーダーになれたらと思っています。

この職場の好きなところ

介護老人保健施設という特性から、在宅復帰を目指し、ご利用者はそれぞれに目標を持って暮らしています。歩くこと、食べることなど、昨日までできなかったことが、今日はできるようになったと喜ぶご利用者の姿が、何よりも私のモチベーションを高めてくれます。
私たちの仕事は、入居している間はもちろんですが、家庭などそれぞれの日常に戻られた後、いかに健やかに暮らしていただけるかを考えてサポートをすることが重要。だからこそ、在宅に復帰された後に、ご利用者やご家族から元気に過ごされている様子をうかがったり、感謝の気持ちを伝えていただいたりすることは、大きな心の支えとなっています。
体力的にも精神的にも辛くなったり、知識や経験不足から失敗したりすることもありますが、自分のことを大切に考えてくれる職場のスタッフや、自分を必要としてくれるご利用者のために、周囲を支えていける人になりたいです。

今後の目標

2018年の介護福祉士の試験に向けて、6月から実務者研修のスクーリングに通うなど、現在勉強を進めています。当初はあまり資格に対する貪欲さがなかったのですが、介護の仕事を長く続けるにつれて、他の職員が使っている専門用語を理解できず、壁にぶつかることも増えてきました。
「誰かみたいに」ではなく、自分らしく働き続けるためにも、基礎となる知識を身に付けることは必要だと考えるようになり、一念発起。仕事と両立しながら、一発合格を目指して学習に励んでいます。

私のワークライフバランス

オンとオフの切り替えを大事にしているので、休日にはスイッチを完全にオフに切り替えるよう、なるべく仕事のことを考えないようにしています。基本的には寝て起きると、悩みを忘れられる性格なので、休日は半日くらい思う存分寝て過ごし、心身ともにしっかりと疲れを癒す日もあります。
また趣味の音楽でストレスを発散することも。2カ月に1度くらいのペースで、好きなアーティストのライブに行って大きな声を出すことが、一番のリフレッシュ法です。
※インタビュー内容は取材時のものです。
  • 松岡果歩さんが働いている認定事業者

    医療法人社団 登豊会

  • 502-0901 岐阜県岐阜市光町2丁目46番地
  • http://touhoukai.or.jp
詳しく見る

前のインタビューへ

次のインタビューへ