介護の勉強 私たちらしい働き方

鹿島 惇さん

鹿島 惇さん

入職3年目
  • 事業者ジャンル

    介護老人保健施設
  • 勤務先

    山県グリーンポート/医療法人社団 友愛会(認定事業者)
  • 取得資格

    介護福祉士
  • 取材年

    2017年

介護老人保健施設とは

原則として、65歳以上で「要介護1」以上の認定を受け、病院から在宅への復帰をめざす方が一定期間、入所できる施設。医学管理下で医療ケアやリハビリ、日常生活の介助などが受けられます。

得意なレクリエーションで

利用者様をもっと笑顔にしたい!

介護職をめざしたきっかけ

小学校6年生のとき、認知症の施設に入所している祖父を訪ねて、介護の仕事があることを知りました。中学や高校の職場見学でさまざまな施設を訪問するうちに、やりがいのある仕事だと感じ、福祉・介護を学ぶことにしました。学校の実習で当施設の職場体験をさせてもらい、利用者様の笑顔と職場の明るい雰囲気に魅力を感じ、ここで働くことに決めました。

私は今、こんな仕事をしています

介護福祉士として食事介助や排せつ介助、就寝介助を中心に利用者様の生活支援をしています。1週間に1回、夜勤もあります。
介護の現場では一人ひとりの利用者様の要望にすばやく応えることが難しいときもあり、まだまだ未熟だなと感じますが、先輩方にサポートしていただきながら頑張っています。困っていると先輩が「大丈夫?」と声かけてくださったり、わからないことなどを質問すると「こうするといいよ」とアドバイスをしてくださったりするので、とても働きやすいです。

この職場の好きなところ

レクリエーションが得意なので、利用者様がレクリエーション中にたくさん笑顔になってくださるとうれしいです。入職当初は先輩に付いてレクリエーションを行っていましたが、人前でしゃべるのが苦手なので緊張してしまい、やりたくないと思っていました。でも先輩に教えてもらいながら回数を重ねるうちに楽しくなってきて、外部研修に参加させてもらうほど好きになりました。利用者様の好きな童謡に合わせて手のグーパー体操をするなど、学んだことを生かしています。自分の得意な知識や技術を伸ばすチャンスがたくさんある職場だと思います。

今後の目標

大きな目標はまだ見つけていませんが、当施設はいろいろな資格を取る研修に参加させてもらえるので、参加して日々の仕事に生かしたいです。利用者様をもっと笑顔にできるようになりたいですね。

私のワークライフバランス

午後5時30分ぐらいには仕事が終わるので、大好きな野球を見るのが楽しみです。シーズン中は帰るとすぐにテレビでプロ野球中継を見ています。休みの日は友達と一緒に好きなクレーンゲームをしにゲームセンターに行ったり、居酒屋でお酒を飲みながら話しをしたりします。職場のスタッフ同士でも交流があり、仕事が終わってから同僚たちと焼き肉を食べに行くこともあります。
※インタビュー内容は取材時のものです。
  • 鹿島 惇さんが働いている認定事業者

    医療法人社団友愛会

  • 〒502-0812 岐阜県岐阜市八代1丁目7番地1
  • http://www.yuuaikai.com/
詳しく見る

前のインタビューへ

次のインタビューへ